動物保護施設

「新郷さん、たしか犬好きだったよね?」
きっかけは、この一言でした。
愛犬から沢山の幸せをもらっていた私、
何か、動物たちの役に立てる事はないか・・・、
そう考えていた矢先のお誘い、
迷わず、二つ返事で設計を請け負いました。
企画から約1年、
自然に囲まれ、フクロウの訪問もあるこの施設、
いつか「保護犬・猫」という言葉自体が無くなる事を望みます。